DKar chag ’Phang thang ma - 川越英真

Chag Phang 川越英真

Add: ytofoba27 - Date: 2020-11-29 04:09:39 - Views: 9011 - Clicks: 8568

Dkar chag ʼPhang thang ma. 西東京: 武 蔵野大学図書館,. Sendai: 東北インド・チベット研究会Tōhoku Indo-Chibetto.

川越英真 「dKar chang’Phang thang ma」 チベット語仏教文献の研究書。 (東北インド・チベット研究会 &92;1,575) 岡本羽加 「魔法のチベット体操―ヨガの原型」 (主婦の友社 &92;1,260). ↑ Kawagoe Eishin 川越英真 (b). ^ Kawagoe Eishin 川越英真 (b). 纂されたと伝えられている.即ち,『デンカルマ/レンカルマ目録』(dKar chag lDan/lHan dkar ma, 以下,『デンカルマ目録』と呼称),『パンタンマ目録』(dKar chag &39;Phang thang ma),『チンプマ目録』( dKar chag mChims phu ma)の三つである. この三つの目録のうち. dKar-chag-’Phang-thang-ma-東北インド・チベット研究叢書-川越英真 daisy-麻ジャケット 350. dKar chag &39;Phang thang ma: 著作者等: 川越 英真: シリーズ名: 東北インド・チベット研究叢書 3: 出版元: 東北インド・チベット研究会: 刊行年月:.

dKar chag ʾPhang thang ma. 5: 大きさ、容量等: 82p ; 30cm: 注記 本文は日本語. Kyoto: Ryukoku University. 、日本西蔵学会会報、51: 115 – 131. 川越,英真 出版年月日.

m120【5-11(金)お届け】【送料無料】荻野さんちの赤いカーネーション5号花鉢とこだわりのバームクーヘン大満足. 東北インド・チベット研究会 Tohoku-Indo-Tibbetto-Kenkyūsho-Kankokai monograph series 3. dKar chag &39;Phang thang ma(東北インド・チベット研究叢書:日本文) 川越英真 東北インド・チベット研究会 82p &92;1500 *チベット語併載. 3 Journal of World Buddhist Cultures Vol. A Study of dKar chag &39;Phang thang ma 著者 (creator) 川越,英真. Groningen Oriental Studies 15. dKar chag &39;Phang thang ma: 著者: 川越英真 著: 著者標目: 川越, 英真: シリーズ名: 東北インド・チベット研究叢書 ; 3: 出版地(国名コード) JP: 出版地 仙台 出版社: 東北インド・チベット研究会: 出版年月日等:. dKar chag Phang thang ma Mahāśītavatī 65 1 : 150-154.

日本では、『日本書紀』で白雉2年(651年)の記述に「一切経」が初めて現れるが事実とは考えられていない。その後も「一切経」はしばしば現れ、経典の収集、写経、読誦をしめす。竹内亮によれば、日本では「一切経」の名前は知られてはいたものの、「一切経」を構成する経録(リスト)である入蔵録の請来は奈良時代の玄昉によるもの(後述)が初めてと推定され、光明皇后がこれに基づいて一切経の写経を行おうとしたところ、一切経を構成する全ての経典が日本国内に備わっていないことが判明したため、蔵外である別生経や偽経、章疏(注釈書)の類までを書写してこれに代えた(「五月一日経」)と伝えられていることから、日本では「一切経」という言葉が"手に入る限り一切の(仏教)経典"という意味に読み替えられていたのではないかと推測している。 とくに、天平7年(735年)玄昉が請来(将来)した五千余巻は、当時の欽定大蔵経と推定される。底本とされ大規模な写経がおこなわれた。寛和2年(986年)に奝然は大蔵経(開宝蔵)を輸入し、確実な大蔵経の請来として最も古い記録となる。奝然死後に藤原道長に渡り法成寺経堂に収められた(1021年)が火災で焼失したとみられる。平安時代末から鎌倉時代にかけては、栄西、重源、慶政その他の入宋僧の努力で、『宋版一切経』が輸入された。室町時代には室町幕府や九州探題、大内氏の名義で朝鮮に大蔵経を求め、日本に送られた大蔵経は寺院に寄進された(ただし、朝鮮から請来(将来)された大蔵経は高麗版に限らず、宋版・元版が送られた例がある。また、寺院の要請を受けて名義を貸す形で大蔵経を求める使者を出した例もある)。 1. dKar chag ʾPhang thang ma 川越英真 (Tohoku-Indo-Tibbetto-Kenkyūsho-Kankokai monograph series, 3) 東北インド・チベット研究会,. Catalogue of Masahiro Kusunoki collection.

1989 IV. 川越英真 『 dKar chag Phang thang ma 』東北イン ド・チベット研究会. 西蔵博物館 『 dKar chag Phang thang ma 』北京 : 民族出版. ^ 川越英真『パンタン目録』(Karchag Phangthangma 英文)の研究 A Study of dKar chag &39;Phang thang ma. 南宋から明代にかけても各地で私版の大蔵経の作成が続いた。それは、福州(福建省)等覚禅院で11世紀末に開始された『等覚禅院版』(1075年 - 1112年)に始まる。これは、北宋版系や契丹版系の国家事業としての開版とは異なり、信者の寄進による私版の事業であった。以後、同じく福州「開元寺版」(1112年 - 1151年)や湖州の『思渓版』(1126年 - 1132年)、蘇州で開版された『磧砂版』(1232年 - 1305年)、杭州の『普寧版』(1277年 - 1290年)といった蔵経の印刷が続いた。この系統も、標準形式である毎行17字である。 明末になると、それまでの巻物ではない新しい形式の袋綴じ本の『万暦版大蔵経』(徑山蔵)が出版された。清朝の大蔵経である『龍蔵』や、後述の日本の『鉄眼版』、『卍字藏』は、この系統に属する。. サンスクリット語の原典を正確に翻訳するためのチベット語文法と語彙の整備が行われ (Mahāvyutpatti)、シャン=イェシェデ、カワ=ペルツェク、チョクロ=ルイゲンツェンらが作業に従事、824年、一応の完成をみた (dkar-chag ldan-dkar-ma)。. dKar chag Phang thang ma 1974. 「dKar chag &39;Phang thang ma」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができるサービスです。.

A History of Indian Medical Literature. Dkar chag ’Phang thang ma. See full list on weblio. デンカルマ目録 (dkar chag ldan dkar ma) パンタンマ目録 (英語版) (dkar chag &39;phang thang ma) チンプマ目録 (dkar chag bsam yas mchims phu ma) - 現存しない; 脚注 編集. 世界仏教文化研究 第3 号 コンテンツ 論 文 1 A Study and Translation of An Extensive Commentary on the Four Immeasurables (Tshad med bzhi’i rgya cher.

↑ 川越英真『テンプレート:仮リンク』の研究、日本西蔵学会会報、51: 115 – 131. Sendai: Tōhoku indo chibetto kenkyūkai 東北インド・ベット研究会 (Tohoku Society for Indo-Tibetan Studies). 契丹の990年 - 1010年頃に開版された大蔵経。契丹が後晋から割譲された燕雲十六州の地方で、この地にあった隋以来の房山の『石経』のテキストも参考にして、国家事業として行なわれた印刷事業であった。この大蔵経も金版と同様に幻の大蔵経であったが、1982年に山西省の応県にある古刹、仏宮寺の木塔に安置された仏像内から、12巻の『契丹版』が発見され、房山雲居寺の『石経』との関係などが確認され、毎行17字の標準形式であったことが実証された。. 最初の大蔵経刊本は、北宋の太祖・太宗の治世、971年 - 977年(開宝4 - 太平興国2)にかけて蜀(四川省)で版木が彫られ、983年(太平興国8)に、都の開封に建てられた「印経院」で印刷された。これは古くは『蜀版大蔵経』と呼ばれていたが、現在では開版の年号をとって『開宝蔵』、あるいは太祖の詔勅に基づいて開版されたため『勅版』と呼ぶのが一般的である。『開元釈教録』によって編纂される。当時の「蜀大字本」の規格の文字により、毎行14字の巻子本形式であった。これは宋朝の功徳事業で、西夏、高麗、日本などの近隣諸国に贈与された。983年に入宋した東大寺僧の奝然は、新撰の大蔵経481函5048巻と新訳経典40巻などを下賜され、日本に持ち帰ったが、藤原道長が建立した法成寺に施入したために、寺と共に焼失してしまった。ただ、新しく請来(将来)された大蔵経ということで盛んに書写されたため、その転写本が各地に幾らか残っている。『開宝蔵』の原本は、世界で12巻が確認されており、日本では京都・南禅寺および東京・書道博物館に1巻ずつ所蔵されている。 金の時代には、1147年 - 1173年にかけての時期に. 未来屋書店の『dKar chag ’Phang thang ma』の在庫一覧。mibon電子書籍、mibon本の通販で購入すればポイント還元!. Amazonで川越英真のdKar chag ’Phang thang ma (東北インド・チベット研究叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。川越英真作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. Google Scholar Meulenbeld, G. The Denkar-ma: An Oldest Catalogue of the Tibetan Buddhist Canons.

慶安元年(1648年)、天海による『寛永寺版(天海版)』が徳川幕府の支援をうけて完成。 2. 【TSUTAYA オンラインショッピング】dKar chag ’Phang thang ma/川越英真 Tポイントが使える・貯まるTSUTAYA/ツタヤの通販サイト!. 川越英真 『 dKar chag Phang thang ma. Kawagoe, Eishin, and 川越 英真. 5: ページ数: 82p: 大きさ: 30cm: ISBN:: NCID: BA※クリックでCiNii Booksを表示: 全国書誌番号:. 天和元年(1681年)、鉄眼道光が『黄檗版大蔵経(鉄眼版)』を完成。鉄眼が艱難辛苦の後に完成させた大蔵経として、第二次世界大戦前の日本の修身の教科書にも採用されて著名なものではあるが、歴代の大蔵経中で、最も誤字が多い。これは、明版の大蔵経の現物をバラバラにして、それを裏返して元版としたことによる。反面、鉄眼の大蔵経が刊行されたことでこれまで特権的な有力寺院しか持ちえなかった大蔵経が村落の寺院でも所持が出来るようになった。 3.

デンカルマ目録 (dkar chag ldan dkar ma) パンタンマ目録 ( 英語版 ) ( dkar chag &39;phang thang ma ) dKar chag ’Phang thang ma - 川越英真 チンプマ目録 ( dkar chag bsam yas mchims phu ma ) - 現存しない. 9/NO$. デンカルマ目録 (dkar chag ldan dkar ma) パンタンマ目録 ( 英語版 ) ( dkar chag &39;phang thang ma ) 2 チンプマ目録 ( dkar chag bsam yas mchims phu ma ) - 現存しない. 川越 英真 ( かわごえ えいしん, Eishin Kawagoe ) 著 (東北福祉大学) タイトル 『パンタン目録』の研究: タイトル読み: ぱんたんもくろくのけんきゅう: サブタイトル: タイトル(欧文). 3 4 Abstract This paper focuses on a short commentary attributed to eight-century Indian Buddhist master Buddhagupta titled An Extensive Commentary on the Four Immeasurables (Tshad.

DKar chag ’Phang thang ma - 川越英真

email: yhekojiq@gmail.com - phone:(637) 812-6407 x 5751

569川崎医療福祉大 ・99年度版 - 寺門琢己 かわいいお肌book

-> はじめて読むメールマガジン
-> 持続可能な開発と日豪関係 - 朝水宗彦

DKar chag ’Phang thang ma - 川越英真 - よみきかせいきものしゃしんえほん 小杉みのり うまれたよ


Sitemap 1

2618 ペイジェムマンスリースリムーi月曜(カシス) - あんりゆき 花を贈ろう